「XT60」の公開

XT60top

草新舎では、伝統的建築物に使われる最高級の自然素材を使ったポータブルな畳XT60(エクスティーロクジュウ)と、その公式ウェブサイトを発表しました。

XT60の畳表は年間生産量わずか3000畳分の七島藺、畳床は約1万本もの藁が積層されています。ひとりが座るのに最小限のサイズで、収納にはスタッキング、壁や棚に立てかけても取り回しやすい軽さです。書斎にもリビングにも似合うコンテンポラリーな装いは、作庭家の内山貞史氏(ポートランド日本庭園)によるデザインです。

製品の開発にあたって、内山氏はインタビューで下記のようにこたえています。
「試行錯誤を重ねた先で、斬新なものや奇抜なものではなく『何気ないもの』を提示するのは、勇気の要ることですし、怖いことでもあるわけです。『何気ないもの』を提示された側は、大抵、どよめきますから(笑)。」
まさに、私たちもどよめきましたが、今ではXTそのもの体現するデザインであると感じています。

本日ウェブサイトを公開しました。どうぞご覧ください。

代表取締役 高橋 寿

ウェブサイト制作
– アートディレクター 黒澤 彩子(オールデザイン)
ー デザイナー 伊藤 大海(株式会社PILE)
– マークアップエンジニア 加藤 憲吾(株式会社PILE)
ー フォトグラファー 山下 弘毅
– プロデューサー 木村 真介(株式会社草新舎)

▼ XTブランドページ
http://soushinsha.co.jp/xt-index/
▼ 内山貞史氏インタビュー
作庭家と探求する新たな畳−内山貞文(ポートランド日本庭園文化・技術主監)
http://soushinsha.co.jp/news/info/772/