神社再建 畳の納入

八重垣神社_草新舎2

八重垣神社_草新舎

室町時代より地域の鎮守として祀られた(宮城県亘理郡山元町)。東日本大震災で全て流されてしまいましたが、今回、鳥居と社殿が再建されました。

草新舎では畳を納入・施工し、再建のお手伝いをさせて頂きました。

▼ 八重垣神社 – 山元町ホームページ
http://www.town.yamamoto.miyagi.jp/site/kankou/5774.html

▼ 寺社仏閣 施工実績のご案内|草新舎の公式ウェブサイト
http://soushinsha.co.jp/temples

花巻の本願寺派寺院の畳納入完成

施工工程の関係で、昨年の11月に搬入し、仮置きしていた本堂の畳120畳の納入施工が完了しました。
内陣に厚畳4枚を置き、室中に大紋縁、外陣は無地の鶯色の畳縁を使用しています。

▼ 寺社仏閣 施工実績のご案内|草新舎の公式ウェブサイト
http://soushinsha.co.jp/temples

国宝瑞巌寺平成の大修理

お陰様で、瑞巌寺平成の大修理の畳納入工事。板入り紋縁畳が166畳が完了しました。

上々段の間は、備後手織り中継ぎ表と手床3寸床本間が6畳、そして備後六配中継ぎ長尺機械織り表と機械縫い中継床160枚。畳縁は高麗縁白大紋になりました。

▼ 寺社仏閣 施工実績のご案内|草新舎の公式ウェブサイト
http://soushinsha.co.jp/temples