畳の専門店として

畳(たたみ)は、奈良時代から1300年続く、日本固有の床材です。イグサを編み込んだ敷物状の畳表(たたみおもて)を、芯材となる板状の畳床(たたみどこ)の表面にくるみ、縫い合わせて作られています。

私たちは昭和21年に、当時は藁畳床(わらたたみどこ)の製造会社として、宮城県石巻市桃生町で創業しました。藩政時代からのこめどころである宮城県はわら畳床の全国一の生産地です。ササニシキやひとめぼれなど、収穫後の茎を乾燥した状態に保つ土地の気候により、良質な稲わらを生産できます。

現在では、畳の製造と施工の専門店として、国宝大崎八幡宮(仙台市青葉区)などの寺社仏閣、石巻新橋「芳春軒」など小間を主としたお茶室から、一般住宅、業務用、公共建築まで、伝統的な製法を用いた特に天然素材による畳を手がけています。

素材

国産の畳表は、熊本県八代を中心に、日本各地で地域の特色を持った畳表が生産されています。

わら畳床は、宮城県が全国一の生産地です。私たち草新舎もこのわらを活かす仕事が原点となっています。ムシロ・コモの製造販売からカキ養殖用のわら縄、わら畳床の製造そして畳の製造へと変化。そのテーマは常に稲わらが中心にありました。

寺社仏閣等で使用される畳縁には、格式を表す決まり事が有り、その使用法も厳しく定められています。各宗派の建物の格式や作法に沿って使用しています。一般家庭で多く使われている、様々な柄の付いた畳縁(たたみべり)は、戦後、岡山県倉敷市で生まれ、何千種類の中から選ぶことが出来る様になっています。

草新舎は、畳表、畳床、畳縁の最適な素材を厳選しています。

技術

また各製品の製造工程は、職人による手作業で行います。一つ一つ特徴のある天然素材と向き合いながら、国宝や重要文化財から、業務用、ご家庭用まで、最高の品質で仕上げます。

また、革新的な斜めの縁無し加工技術は、寺社仏閣の畳施工の際に産み出し培ってきた、草新舎独自の特許技法です。

お客さまと共に

草新舎では、国産伝統素材を積極的に利用し、畳を通して日本文化の継承発展に貢献する事を理念としています。

伝統の畳素材が何故受け継がれて来たのか、何が優れているのか、何が評価されているのか、その物の背景にある土地の力や伝統、生産者の思いも、お客様に正しくお伝えする事が、大切な仕事だと思っています。

伝統を守る、伝える、その伝統素材を実際に使って貰う事が日本の伝統を守る事にも繋がっている事を、いつもお客様と共に感じ考えて行きたいと思っています。